CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 田植えイベントに参加して | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
YES
18日に、オノ・ヨーコ展に行ってきました。
お目当ての作品があったり、好きな作家の個展に行くときは
かなりな期待値になります。ようするに内心かなりウキウキ。

それで、あの梯子を見つけたときの気持ちは、憧れの人に会えた感じ。
じわじわと近かづく、うん?「作品に手を触れないで下さい」・・・
憧れの人は、手が届かない?
そこで、想像上で梯子にのぼり
虫眼鏡を手に取り、小さな小さなYESの文字を探す。
やはりこの作品は大好きだ。すごいメッセージだし。

レプリカを作って登ってしまおうか、なんて思ったのでした。
| - | 05:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:59 | - | - |
コメント
故ジョン・レノンの妻として、おそらく世界中で一番有名な日本人が、前衛芸術家のオノ・ヨーコ。一時は“ビートルズを解散させた女性”といわれた時期もありましたが、後にビートルズ史の研究が進み、また当時は難解過ぎた彼女の芸術への理解も得られるようになるにつれ、むしろ今では“ジョンをビートルズのしがらみから解放し、真のアーティストに成長させた人物”として評価が高まっています。

 小野洋子は1933年に裕福な銀行家の娘として生まれました。何でも家の敷地の中に森があり、幼いころはその森で迷子になることもあったという、それはそれはすごい旧家に育ったようです。ところが学習院大学の哲学科をわずか一年あまりで退学し、53年にニューヨークに移住して作曲と詩を学びます。64年の詩集『Grapefruit』や、観客が舞台で彼女の衣服をはさみで切り取っていく「カット・ピース」といったパフォーミング・アートで前衛芸術界で知られるようになった彼女は、当時の若者文化の中心だったロンドンに進出。そして66年11月、ジョン・レノンとの運命的な出会いを迎えるのです。

 その舞台となったウェスト・エンドのインディカ・ギャラリーに、知人の紹介でジョンが現れたのは、ちょうどヨーコの個展のオープニングの前日のことでした。画廊の中を歩き回っていたジョンが、真っ白なキャンバスに釘と金槌が添えてある「釘を打て」という作品の前で、ふと足を止めます。「釘を打ってもいいか?」とジョン。もちろん、そうして観客に自由に釘を打ってもらって作られる作品ではありましたが、オープニングまではきれいにしておきたかったヨーコは、しばらく考えて言いました。「では5シリング払っていただければ」。まさかお金を払ってまでは釘を打つのにこだわらないだろうと。するとジョンが返した言葉は、「それではあなたに想像の5シリングを払おう。それで想像の釘を打たせてもらうよ」。

 そのやり取りがきっかけで2人の交際が始まり、すでに起こっていたビートルズ内部の人間関係の悪化もあって、ジョンはヨーコとともにアルバムを作るほうに情熱を注ぎ始めます。確かにそれはビートルズ解散の原因の一部ではあるかもしれませんが、ヨーコとの出会いがなければ、ジョンがあれほど反戦運動や平和活動に精力を傾けていたかは疑問ですし、「平和を我らに」「イマジン」「ハッピー・クリスマス」といった愛と平和をテーマにした名曲は生まれなかったかもしれません。

 80年にジョンが他界してからも、オノ・ヨーコはマイ・ペースで活動を続けており、ジョンとの愛息、ショーン・レノンとのアルバム『ライジング』のほか、昨年10月には最新作『ブループリント・フォー・ア・サンライズ』も発表。ジョン・レノン関連のイベントにも積極的に参加していますし、特に印象的なのは2001年9月25日付けのニューヨーク・タイムスに掲載された全面広告です。提供者の名前はなく、ただ一行、「Imagine all the people living life in peace」とだけ書かれていたその広告、実は、米国を襲った同時多発テロと、その報復による戦争に心を痛めたオノ・ヨーコによるものだったのです。

| ウィリアム | 2004/05/20 10:30 PM |
オノ・ヨーコ展
いきなりの(エクス・イット)にはビックリしました。
大量の死のなかからも植物が成長する様子をあらわすと言うことですがいきなりの超インパクト!それだけでもこれは期待できると思った。
(釘を打つための絵)ではどれがジョンが打った釘だろうと探したり、吹き抜けの大空間を使った(モーニング・ビームズ)にはただ目を奪われてしまいました。
天井の絵/イエス(YES)でははしごを登れなかったのは残念でしたが、この作品をめぐるジョンとヨーコの出会いの話を思い出しちょっと感動しました。

彼女の作品等から感じるのは(あらゆる束縛から自分を開放し、ありのまま生きよう。そして本来の人間の力を取り戻し、その力で未来につなげよう)と受け取れます。

ジョンは好きですがヨーコに対してはあんまり良い印象を持っていなかった(ビートルズを解散させた女)私ですがアーティストという側面を持つ彼女の個展を見て改めてヨーコに対する思いが変わりました。

女は強い^^;



想像してみて、天国はないって
やれば簡単だよ
足元に地獄はなく
頭上には空だけ
想像してみて、みんなが
今日のために生きてるって

想像してみて、国は存在しないって
難しくないよ
そのために殺したり死ぬことないよ
宗教もない
想像してみて、平和な人生を

想像してみて、財産はないって
できるかな
欲張りや飢えは必要ない
人はみな兄弟
想像してみて、みんなが
全世界を共有しているって

僕が夢を見てるって思うかな
でも僕ひとりだけじゃない
いつか君たちも一緒になって
世界がひとつになってほしい
| kitabou | 2004/05/21 7:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://verdoyer.jugem.cc/trackback/7
トラックバック